【ドラえもん】のび太君の家の間取り図

間取り図
Pocket

野比家の間取り図

先日サザエさんの家、つまり磯野家の間取り図の紹介を致しました。

磯野家の間取り図がおもしろい! | 浦和の不動産屋”エスティ不動産”: “”

本日はドラえもんの家、のび太君の家…つまり「野比家」の間取り図です。
Ozappa 2013 12 09 23 28 56


参照元


間取り図は別としておばあちゃんの優しさに触れることができる大変心暖まる回です。
あまり好まれない”西向き”です。

磯野家の間取りは昔ながらの大家族ならではの間取り図でした。
平屋というのも大変贅沢な使い方でした。
一方、のび太君の家は典型的な核家族と言われていますが、おばあちゃんが登場する回があります。
また、その時の回がのび太君の家の部屋全てを見ることが出来ました。

おばあちゃんの思い出 投稿者 janperson2

1階の間取り

上記 動画の時は台所に近い和室が「おばあちゃんが一番よくいる部屋」という設定でした。
現在(?)はお父さんとお母さんの部屋になっています。

そして、居間のことを「テレビの部屋」とのび太くんは呼んでいました。
今の間取りはLDKの方が普通になっており、居間が台所から離れているというのは現代の感覚からすると不思議な感じがします。

応接室のことはのび太君は「洋間」と呼んでいました。
立派なソファーセットがあります。

2階の間取り

もっともよく登場するのび太くんとドラえもんの部屋。
おばあちゃんが登場する上記回では出てこないのですが、その頃はのび太くんとドラえもんの部屋がお父さんとお母さんの部屋だったと予測されます。

もう一室の「謎の部屋」と呼ばれている部屋。
Ozappa 2013 12 09 23 28 56 2


動画内ではドア仕様でカーペットでした。
整理ダンスがいくつかおいてあり、物置として使われていた可能性が高いです。

生活動線は?

キッチンと食事をするところ、キッチンと洗濯物をするところをまとめているので、家事はしやすい生活動線とが確保されています。

また、洗濯物を干す場所は当時はおばあちゃんの部屋を通りぬけところにあるものと思われます。
Ozappa 2013 12 09 23 28 56 4


ひとつ部屋を超えなければならないというのは磯野家と同じです。

おばあちゃんが生存していた時は多少おばあちゃんに気を使って、居間経由で洗濯物を干しにいかなければと、わずかばかりですが遠回りをしていたこともあったでしょう。
その後、その部屋はお父さんとお母さんの部屋になったので何の気兼ねもなく、家事をするには申し分のない生活動線が確保された家となったことでしょう。

磯野家につづいて、野比家の間取り図のお話でございました。